2011年05月18日

南風と動機

DSC_3277S.jpg

 週末は風が強すぎて、マクロ撮影はとてもじゃないが無理だった。
土曜は我慢していたのだが、日曜は強行して玉砕。
この時期はそんなもんだろう?と。

 このポピーも風が強くなってきて、最後の方に撮ってみた写真。
#データは気が向いたら後から書くかも。


 いろんな(?)写真家さんのブログなりを回っていたりするのだが、気になったのがあったので、ではオイラはどうだったんだろう?と言うことを考えてみた。


 動機。
写真を撮り続けている動機。
ある人はコンテストや人に見せることを糧として頑張っているんじゃないかと思う。
ある人は別に人に見せるでもなく、ただ撮っているんじゃないかと思う。

 オイラはたぶん(というか確実に)後者だと思う。
ブログに関しては、人様に見ていただきましょう!なんて動機で書いているわけでもなんでもなく、まぁ、要するにだ五郎さんに脅されたからに他ならないわけで・・・それ以上はやめておこう(笑)
なので、別にいつやめたって良いと思っている。
実際、以前やっていたブログはイヤな人が絡んできたからやめた、ただそれだけの理由。

 ぶっちゃけてしまえば、下手のままでも構わないわけですよ、オイラは。
ただね、やっぱり我が心の師匠とも言える方と直接お会いして指導を受けるようになったからには少しは上手くならんといかんでしょう(苦笑)

 昔、親父が良く釣りに行っていた。
たまに誘われたりしたわけで、親父は親父として子供に遊びを教えたかったんだろうと思う。
で、親父が話していたことを覚えてる。
「釣れなきゃ釣れないでおもしろくねぇ。だけど、一人でじっとウキを見て、流されたら一度引き上げてもう一度放る。この時間が良いんだ。」

 オイラもそんなもんだろうと思う。
一人で花と向き合って、なんとなくシャッターを切る。
で、うちに帰って玉砕されても、「まぁこんなもんか」と思う。

 無性に一人で撮影に出かけたい気分によくなる。
それは、理屈とかじゃなくて、ただ一人になって、アタマん中を空っぽにしたいからなんだろう。

 でも、少しはコンテストなり公募展なりに出してみても良いかな?なんて思う今日この頃。
#まぁ、コンテストは出すなと先生に言われているわけなのだが、それはまた別の話。
posted by なか at 21:24 | 忘備録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

あぁ、それって頭悪いんじゃ?

DSC_3571S.jpg

NIKON D7000
NIKON 70-300mm/4-5.6G
画角300mm 450mm相当(35mmフィルム換算)
絞り優先モード F11 1/30秒 +1.7補正 ISO400 WB:太陽光
仕上がり:風景 BLUE側に+1
三脚使用


唐突なタイトルでm(__)m

 常々思っていたことなのだけれど、自分がわかるからと言って、その専門的な用語が当たり前だと思っている人っているなぁと。
そのあたりは自分でも心当たりがあるから、出来る限り相手を見てわかりやすく伝えるようにしている。

 そんな事を考えているときに、うちの会社のトップがブログを書いたと言うか広報に書かされていると言うか、そんな感じのメールが来た。
第2回だそうだ。

 そこに書かれていたのは、簡単に言っちゃえば、我が社の職員は言葉の使い方を知らなさすぎるので云々・・・で、私が官僚時代にどうのこうの・・・で、職業病なのだが言葉の使い方を知らなさすぎる、のだそうだ。

たとえば、「気持ち」と書く場合と「気持」で良い場合の使い分けが全く出来ていない。

・・・しらね〜よそんなもん。


で、その後も自慢げに書かれているのだが、突然出てくる横文字や英語。
スマン、俺がバカなのは重々承知の上だが、相手にわかるように書くって言うのが大事なんじゃないの?
と思い、思わず
「うちのトップはバカ確定!」と職場で叫んだのは紛れもない、オイラだ(汗)


 偶然と言うのは恐ろしいもので、読んでいた本にこんな場面が出てくるので、引用させてもらおう。

>「なるほど、僕たちの出発点自体に誤謬があったわけですね」
>「それも」
>郁が微妙に苛立たしげな顔で口を挟む。
>「大人だって話し言葉で誤謬なんて単語をナチュラルに使う奴そういないわよ。あんたたちの年齢でとっさに意味分かるヤツ何人いるの。ひけらかすみたいに難しい言葉使うのやめときな、親切じゃないから」
> ホントに頭がいい奴は誰でも分かるように話すのよ。そう片付けられると一言もない。親切じゃないという指摘は刺さった。他にも何人か刺さった奴がいるようだ。

「図書館戦争/有川浩 著」P.265より引用


 そう、なんか子供の時に知らない言葉を覚えると、ひけらかすように使うって良くあったと思う。
自分も含めて。
でも、少なくともうちの職場では、大人がひけらかすように難しい言葉を平気で使う。
それで「理解してもらえない」ってバカか。
それに、この本が示すように「親切」じゃない。

はっきり言っちゃえば、「バカ」なんだろう。
頭が良かったら、相手に伝えるためにはどのようにして話したら良いんだろう?言葉を選べば良いんだろう?って考えると思う。
#もうすでに何度も「バカ」と書いているけれど・・・

それに、相手に伝えるためにかみ砕いて話をするには、そのことをちゃんとした知識として理解していないと出来ないはずだ。
・・・とすると、平気で難しい言葉を使ってみたりするようなヤツは、要するに理解出来ていないんだ。

なんだかそのあたりを自分一人で納得して、「俺ってアタマいい〜」とか思ってるオイラが一番バカなんだろうが。

 で、例のトップのブログにコメント欄はなく、意見や伝えたいことがあれば広報までメールを送るように書いてあった。
でも、さすがに会社のトップに「おまえバカだろう?」という勇気(?)をオイラは持ち合わせていない、と言うよりも黙って「あいつバカだ」と心の中で思っている方が利口だとこの年齢になって理解出来たオイラは、ひとつ利口に、ひとつずる賢くなったのだろう。
それはそれで悲しいものもあるのだけれど。

なぜ?って、そりゃ、世の中、とんがったヤツもいないと面白くないしそこには閉塞感しかないと思うからなんだよね。





で、写真の話は今回もないのかい?
posted by なか at 21:29 | 忘備録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

今日までそして月曜日から

DSC_1949S.jpg

NIKON D7000
NIKON 105mm/2.8G MACRO
画角105mm 157.5mm相当(35mmフィルム換算)
絞り優先モード F5.6 1/80秒 +0.7補正 ISO200 WB:太陽光
仕上がり:風景
手持ち撮影



自分のブログのタイトルを見返してみて・・・呆れた

とりあえず以下に抜粋

ランチパック買っとけ!
チェダーチーズとイチョウ葉エキス
規則正しい生活を
バラバラのボケボケなので
振り向いたらヨコハマ
万事快調
紅茶禁止令発布
午前10時の脱出計画
ハイキーvsローキー最後の聖戦
福生ストラップ
中秋じゃない名月?
ねーちゃんフォト?
俺の睡眠奪ったの誰だ?
気力・体力・時の運?
パソコン壊れた
人生と恋愛について
灼熱地獄を突っ走るバカ
あと一歩だけ前に進もう
あどびさんからお荷物着いた
灼熱地獄を彷徨うバカ
忙しいってなんか我を忘れるよね
人生の岐路に立ったとき
なんとなく「正義」の話をしようじゃないか
どうしてこうなった!?


・・・なんなのだろうね?

気がついた人もいると思うけれど、歌のタイトルから取っているものが実は多いのだよ。
「振り向けばヨコハマ/マルシア」
「万事快調/ピチカートファイブ」
「福生ストラット/大瀧詠一」
「俺の借金全部でなんぼや/有山じゅんじと上田正樹」
「午前8時の脱走計画/シンバルス」
ぜんぜん流行に乗っかっていない・・・
音楽性もバラバラ。
でも、日本語にこだわりたかったから、洋楽は無しで。

「あと一歩だけ前に進もう」
この辺は歌詞から。
Progress/Kokua スガシカオのプロジェクト?

気になったらようつべあたりにあるから、探してみてね!

いや、なんとなく自分のブログを見返してみて、情けなくなった・・・

つーかさぁ!
オイラは声を大にして言いたい!
普通のタイトルで何が楽しいんだ!!
・・・いや、単にへそ曲がりなだけなのだが。

でもね、正直に言うけれど、写真展なんか見に行って、ありきたりのタイトルを見ると「なんだかなぁ、もう」と別にタイトルなんかいらんだろ〜と思ってしまう自分がそこにいる場合があるわけなのです。
タイトルは大事だよ、偉い先生はそう言います。
だけど、タイトルなんか別になくったっていい、そう思う。
まぁ、オイラのブログは中身もないのだが。

だからさ、テキトーな事書いてある、写真ブログで良いじゃん?

なので、これからもこんなタイトルで行くことでしょう。

あ、今日のは拓郎の「今日までそして明日から」ね。
だけど、GW明けるのは月曜からじゃん?
まぁ、オイラは今日は仕事でしたが何か?

そんじゃね〜
posted by なか at 22:40 | 花写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。