2011年05月18日

南風と動機

DSC_3277S.jpg

 週末は風が強すぎて、マクロ撮影はとてもじゃないが無理だった。
土曜は我慢していたのだが、日曜は強行して玉砕。
この時期はそんなもんだろう?と。

 このポピーも風が強くなってきて、最後の方に撮ってみた写真。
#データは気が向いたら後から書くかも。


 いろんな(?)写真家さんのブログなりを回っていたりするのだが、気になったのがあったので、ではオイラはどうだったんだろう?と言うことを考えてみた。


 動機。
写真を撮り続けている動機。
ある人はコンテストや人に見せることを糧として頑張っているんじゃないかと思う。
ある人は別に人に見せるでもなく、ただ撮っているんじゃないかと思う。

 オイラはたぶん(というか確実に)後者だと思う。
ブログに関しては、人様に見ていただきましょう!なんて動機で書いているわけでもなんでもなく、まぁ、要するにだ五郎さんに脅されたからに他ならないわけで・・・それ以上はやめておこう(笑)
なので、別にいつやめたって良いと思っている。
実際、以前やっていたブログはイヤな人が絡んできたからやめた、ただそれだけの理由。

 ぶっちゃけてしまえば、下手のままでも構わないわけですよ、オイラは。
ただね、やっぱり我が心の師匠とも言える方と直接お会いして指導を受けるようになったからには少しは上手くならんといかんでしょう(苦笑)

 昔、親父が良く釣りに行っていた。
たまに誘われたりしたわけで、親父は親父として子供に遊びを教えたかったんだろうと思う。
で、親父が話していたことを覚えてる。
「釣れなきゃ釣れないでおもしろくねぇ。だけど、一人でじっとウキを見て、流されたら一度引き上げてもう一度放る。この時間が良いんだ。」

 オイラもそんなもんだろうと思う。
一人で花と向き合って、なんとなくシャッターを切る。
で、うちに帰って玉砕されても、「まぁこんなもんか」と思う。

 無性に一人で撮影に出かけたい気分によくなる。
それは、理屈とかじゃなくて、ただ一人になって、アタマん中を空っぽにしたいからなんだろう。

 でも、少しはコンテストなり公募展なりに出してみても良いかな?なんて思う今日この頃。
#まぁ、コンテストは出すなと先生に言われているわけなのだが、それはまた別の話。
posted by なか at 21:24 | 忘備録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。