2011年08月24日

なんて言うか、そんなもんだろうけど

後輩が
「まぁ、これが無かったら、こっちで出来ちゃうんですけどね」
#わかりづらい表現・・・

そのときに
「あれ、それで出来たっけ?」
と迂闊にも聞いてしまった。

その場はそれを
「あ、俺、その機械詳しくないからわかってねぇんだけどね」
と強引におさめたのだけれど、失敗した。


以前書いたことの続きになっちゃうと思うのだけれど、たぶん聞くことって大事なことなんだと今更ながらに思う。

「おれって、これだけ知ってるんだぜ!」的な表現をするヤツってやっぱり若いときにそうなるんだろう。
実はオイラもそうだった。
だから、今はわからないことはわからないと素直に言うことにしている。
だって損だから。
格好付けることで「知ったかぶり」と思われる損と、わからないことがわからないままになってしまう損。

でも、おいらは他人は所詮他人だと思って、後輩だからといってそんなことをグチグチ言う必要もないと思った。


なんて言うか、物事を理解している人ほど謙遜すると思うし、逆に知ったかぶりしているヤツに説教しても「俺はわかってるんですよ」的な発言をするってのは、もう見透かされていると思うんだよね。
それをわかっているかわからないままで居るか、そこで人としての次のステップへの道が開けるかどうかに掛かってくるような気がする。

な〜んて事を、いろいろ以前から考えていたのだけれど、後輩を見ていて「ああ、そういうことか」と納得がいった。

たとえば、ただ漠然と過ごしているヤツに「目標をきちんと見定めて」と言ったところで「俺はわかってるよ、そのくらい」ってだいたい返ってくると思ってる。

まぁ、それを言ってしまうくらいにオイラは説教くさいやつだった、ウザいなぁと思う訳だが。

これと見定めたなら、何を優先順位にすべきかもわかってくると思うし、そのためにすべきことやらなにやらわかってくるはずなんだよね。
こういうことを、確かどこぞの写真展で作家さんと話をした気がするんだ。

でも、それと共に「あなたはもう支えるだけ支えてきたでしょ?あとは大人しく見ていなさい」と行ってくれる人も居たわけで、人生の先輩で経験者にそういうことを言われるとものすごく納得して、今、オイラは後輩だけではなくいろんな人を傍観しているんだと思う。

でも、この人はわかってくれるって言う人は、オイラが言わなくても自分から聞いてくるんだよね。
そう言う価値観が合うヤツってのは、なかなか居ないんだけれど、う〜んと、まぁ、言ってみれば、オイラの同期入社の同僚がかなり価値観が近いんだな、これが。
この辺の結びつきの不思議さも感じるのだけれど、オイラよりヤツのが大人だと思う。
だから、この辺が人としての懐の大きさの差につながっているような気がしてならないんだけれど、じゃ、説教出来るヤツは居るのか?と言われると、誰も居ないんだよね。

そんなところで、説教される事が多いオイラが、後輩に説教するなんてのはもってのほかだと思い、今こうして書いていて、

「俺はダメだな〜」

と感じる、夜なのである。


続きを読む
posted by なか at 23:28 | 忘備録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

夢を見た、現実は

夢を見た、昨夜のことだ
なんか覚えていたのは、眠りが浅かったからだと思う
身体が悲鳴を上げるほど、疲れていた
しかし、疑問が
「あの夢は一体何だったんだ?」

なんとなくいろいろな事があって
ああ、そういうことか、と
妙に納得した

別になんで事はない話なんだ
でも、夢が何かを知らせてくれるということは
もしかしたら本当になることなのかも知れない


続きを読む
posted by なか at 23:08 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

喋らせろ!、遠慮はするな。

DSC_4668S.jpg

 僕が買い物をするとき、かなりの割合で店員に話を聞く。
#今日の一人称は「僕」

 なぜ?
良いものを買いたいからに決まってる。
良いもの?ってなんだろう?
単純に品質の良いもの?
そんなわけはない。
だったら、自分の目で買えば良いだけの話だ。

 僕は、店員からいろいろ引き出したいと思っている。
だから、引き出しのない店員からは買う気はなくなる。
「これ!」と決めていっても、ころころ変わることもしばしば。

 たとえば、レンズ。
決めていっても、とにかく話す。
「これって、なんか描写が良いって聴いたんで見に来たんだけど」
そんな感じ。

「あ、そうですね、いいですよ。何かありましたら声を掛けてください」
ダメです。

「あ、これねぇ、良いんですよ、キレがいいかな?まずは。ボケも綺麗でね、私も欲しいんですよ」
なんて言ってくれたら、もっと引き出す。

「マクロ主体なんだけれど、どの辺まで寄れる?」
「え〜と、結構寄れるんですけど、カタログ見てみましょう、27cmですね、寄れますよ、出しますから使ってみてください。」
なんて、どんどん引き出す。

「お、フォーカシング静かだねぇ」
「そうなんですよ、AFも静かだし、寄れて、あ、これですね。周辺光量もそんなに低下しないですよ」
新たな情報ゲット!

そんな感じで引き出す。

で、個人的な感想も引き出す。
「えっと、こっちの会社のも同じような焦点距離でしょ?」
「個人的には、こっちかな?」
「なんかあるんですか?」
「やっぱり、キレが違うのが一番大きいですよ」

ここまで引き出せば、いろんな情報を得られる訳だ。

なので、これで買う事にする。

もちろん、当たり前のことだけれど、買うつもりが無いのなら
「今日は買いに来たんじゃないんだけれど」
必ず、この言葉は忘れちゃダメだ。
失礼である。

そんな時は名刺をくれたりする店員だったら良いね。
買うと決めたらその店員を探して買う。
居なかったら、他の店員から買ったとしても
「この前、いろいろアドバイスもらいましてね、よろしく伝えておいてください」
絶対にこれを忘れない。


 なので、良いもの。
これって、ものだけはなくて、情報も。ってこと。

もちろん戦略的にこんな事をやっているんじゃなくて、僕は自然とやるようになってた。
「この人から買いたい」って思えれば、さらにいい買い物になるからね。

高額になる買い物で、今日は見るだけと決めていったとしても、もしいい情報をくれる人だったら、なんか小物でも買っても良いし、と思ってる。

そんな店員の居る店ってなかなか無いんだよね。

カメラで言えば「ここじゃ買わない」ってお店もあるし「ここが第一の候補のお店」とかあるしね。
そう言うお店はやっぱり店員が、熱く語ってくれる。

ネット通販もたくさん利用するけれど、こういうのって時として、濃いつながりになることがあるんだよね。



続きを読む
posted by なか at 23:40 | 忘備録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。