2011年02月06日

ハイキーと言うけれど

P1010679S.jpg

PANASONIC GH1 PANASONIC LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8
画角90mm相当(35mmフィルム換算)


オイラの写真は、なんかみんなにハイキーだと言われるんで、多少のプラス補正ではあろうけれど、
ハイキーだよっ!」と言われるほどの写真では無いと自分では思っているんだけれど。

んで、ハイキーと言われる理由を考えてみたんだけれど、ん〜まぁ、その辺は写真見ながら考えてみて欲しいなぁと。

少なくとも、ハイキーだけれどしっかり花びらの色は残っているし、オイラよりハイキーなこの手の写真を教えてくれたJ.Hさんに比べれば全然適正露出だろう?と思う訳です。

あえて撮影データを残さなかったのと、考えてもらうためにやっつけで撮ってきた写真なのでその辺の作品性とかは考えないで欲しいんだよね。
あくまで作例で。

で、まぁ、これも良く言われるんだけれど「優しい写真だよね」って事。
優しいってのがどういうことか?オイラには最初わからなかったんだけれど、講評なんかで他の方々の写真を見ていて「あぁ、そういうことなんだろうな」と言うことだけはわかった。

ただ言えるのは、どういう写真を撮りたいのか?って事なんじゃないのかなぁと思った次第なのです。


P1010677S.jpg

要するに、こういうことなんじゃないのかなぁと思う訳です。
これも同じカメラで同じ日に同じ時間で撮った写真です。
カメラもレンズも一緒。
ちょっとだけ引いた感じになっているけれど、その辺はあんまり関係無いんだけれど。

こっちを見てくれた人は、花の部分だけを露出比較してみて。
変わらないはずだから。

だから、「生意気な事書いてるんだよ〜」とか言われても(笑)、光を見た方が良いとか、絞りとか露出を考えた方が良いって書いているのは、まさにそこだったりするわけでして、考えて撮らないと「単なる露出間違いのぶっ飛んだ写真」になるだけだと言うことなんだよね。

ちょっと言葉悪く書くけれど、この辺の事って写真教室とかなんとかいくら通ったとしても、たぶん先生は教えてくれないと思う。
構図がどうとか、そういうことでしょ?
そんなものは黄金分割とかで簡単にわかることだったりするんだよね。
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0709/19/news059.html

ちょっと生意気言いました(_ _)
posted by なか at 20:27 | 花写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。