2011年06月18日

1620万画素と薬の見直し

P6119346S.jpg

 先に、食事中の方、注意!

 ん〜、まぁ、タイトルじゃ意味がわからないブログなのはいつものことなのですが・・・

 要するに、携帯水没!

 そんなわけだ・・・。
今はつなぎとして、格安携帯を購入して一時しのぎをしているわけですが、携帯電話、凄いことになってますね。
1620万画素の携帯電話って、それって携帯がメインなのかカメラがメインなのか、どちらともわからない状態。
個人的に言ってしまえば、「ニコンD7000と同じじゃん!、いや、D700超えてるし!
と思うところがあるのですが、素子の大きさは当然小さいわけで、同じ画質はさすがに期待できないわなぁと思いつつも、店頭で話を聞いてみると決まってこう返ってきます。
1620万画素もあるから画質はダントツですよ!、カメラも買ったと思ってどうですか?」

 いや、そのときは、たまたまオリンパスE-PL1をぶら下げていたので「趣味がこれなんで」と見せたら、失礼しました、と言われても別に失礼では無いのだけれど、やっぱりペンのがねぇ。
#あ、今回の写真もペンで撮りました。

 で、携帯電話。
オイラにはぶっちゃけ「スマホなんていらんのですよ、パケット代掛かるし!」
が本音のところで、ネット閲覧出来ちゃったらたぶん電車の中でとか見ちゃうと思う。
#その辺はいろいろ裏技があるようですが・・・

 なので、今までの携帯電話(フィーチャーフォン)が良いわけです。
「フィーチャーフォンでも構わない」ではありません。
だって、今見てるとスマートフォンのが安いよね、機能考えると。

そう考えると、ものすごく複雑な気持ちになるのでした。


 木曜日に、内科でお薬を処方されました。
風邪薬を5日分。
まずこれで治したら起立性調節障害のお薬を飲んでくださいとの指示。

 以前もらった「リズミック」と言う薬。
たぶんと言うか、内科の先生やかかりつけの先生、かかりつけの薬剤師に聴いてみたところ

副作用だよ

あ〜、オイラはこれで4月半ばから苦しんできたわけかぁ。
と思うと、これで開放される\(^o^)/と思う訳で、いやまぁ、もしかしたら今回のお薬も合わないかもしれないわけですけれどね、そこはそことして。
実際問題、ほとんど副作用は出ていないから大丈夫でしょうとのお話でもありますから。

そのお薬は「メトリジンD」と言う薬。
これが起立性調節障害では一般的に使われる薬で、リズミックは心臓にも負担が掛かるから動悸とか副作用が出やすいそうなのですが、今回のはそう言う作用はないそうなので。


 で、かかりつけの病院で先生とお話をして、薬を減らしてもらいました。
「いやぁさぁ、これって、出してたけど、効果疑問なんだよね、一応前の先生のを引き継いでいたんだけど」
って、言うわけで、まずは1種類、無くなりました!

 それから、別の薬も「減らしてみようか?」と言う理由で一回の分量も少し減り、さらに1日3回から1日2回になり、とりあえずの様子見と言うことです。

 薬剤師さん曰く「薬は少ないに限るよ、ホント副作用とか怖いからね」
ホント実感しました。

 これで、体調が良い方向に改善するといいと勝手に期待しています。

 これで動ければ写真も撮れるってもんだ!
posted by なか at 23:11 | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。