2011年10月18日

オリンパスからお荷物着いた

DSC_6060S.jpg

 オリンパスペンE-P3予約特典の限定グリップが一月遅れで到着。
予定は9月だったらしいのだけれど、結構申し込み多かったのかな?

 なぜグリップ?
それは、、、
 SDカード・・・買えるし、あれば困らないけれど、買えるし。
 MMF-2マウントアダプタ・・・ぶっちゃけ4/3マウントレンズ持ってないw
 グリップ・・・びみょ〜

と考えていたのだけれど、同僚と話をしていて
「俺ならグリップだね!」と。
理由を聞いてみたら、
「だって、絶対に買えねぇんだぜ!」
ああ、それもそうか、決めかねていたのでそうしよう。

で、やっと到着。

つけてみた感じはこんな
DSC_6067S.jpg

悪くない。
いや、色合いだけを考えると、良いよね。
なんだっけ?ローズウッド?まぁ、忘れたw
欠点は滑りやすい・・・

なので、元のゴムのグリップに戻しました。
茶色系と言うのは個人的にはポイント高いんだけれど、うん、まぁ、そういうわけだ。
なので、茶色系の滑りにくいグリップが発売になったら欲しいかな。
黒より茶色が好きなんで。

これに茶色のストラップなら、凄くいいなぁ。
写真なんかどうだっていいんだよ、色的に良いじゃん!
#写真撮る気ないだろ? >オイラ
posted by なか at 19:00 | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

派閥?

 ここのところキヤノンがいいなぁと言うのをよく書いてきているのだが、ぶっちゃけて言えばキヤノンだろうとニコンだろうとまともに写ればどうだっていいと思うのだが、それはボディの話。
 写真はレンズで決まるとよく言われて、確かにそれは同じこうずでも良いレンズとダメダメなレンズではまったく印象が違ってくることは、一時期写真展をよく見て歩いたので、その辺りの話は理解できる。
かと言って、ツァイスとか高いレンズにはあんまり興味が無く、ソニーマウントでツァイスならAFも動作するしと理解できるが、ボケがどうとか偉そうに言えるような写真をオイラは撮れないと思ってる。
 少なくともものぐさなオイラはAFが無いと生きていけない、マクロでも。
なので、パナゴールとビビターなんて言うマクロが我が家にあるのだが、ほとんどと言うより全く使っていない。
だって無限遠から最短まで3回転もピントリングを回すなんて、そんな重労働をどうしてしなくちゃいけないんだ?
なので、コシナから出ていた、あれはどこのブランドだっけ?90mmマクロも確かに描写は良いとは思ったけれど、AFが無いレンズなんてどうしてオイラが使わなければならないのだ?


 んじゃ、なんでキヤノンなの?と思う。自分でも。
それって、レンズのラインナップがうまいからシステムを組みやすいことなんだよね。
ニコンもキヤノンもレンズの善し悪しを細かく言うつもりは、ここではない。
キヤノンで今から組むのなら、広角、標準、望遠の3本のズームと100mmマクロがあれば問題ない。
それも、キヤノンはニコンに比べれば、うまくクラス分けができていると思う。
オイラならf4通しのレンズを選ぶと思う。
描写と価格と重さがうまいバランスにあると思うから。

 ではニコンではどうしてるか?
広角ズームは持っていない。
標準ズームはシグマ、FXならタムロン。
望遠ズームはニコン70-300mm。大口径ならタムロン70-200mm/2.8
マクロは60mm、105mm、200mmとニコン。90mmのタムロン。その他諸々。
と揃えてはある。

 が、ぶっちゃけ多すぎだろう?
正直邪魔なんだ。
キヤノンならAPS-Cでもフルサイズでも同じレンズでなんとかなるだろうし。
#広角はさすがに無理があるか。

 だが、ニコンから離れられない事情もある。
200mmのマクロレンズだ。
絞り羽根こそ円形ではないが、描写が好きだ。
でも邪魔だ。

 ま、そんな理由で、隣の芝生は青いなぁと思うのだ。
続きを読む
posted by なか at 00:14 | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

構想?妄想?

とにかく、台風2つに身体を完全にノックアウトさせられた・・・
先日、ニコンのシステムでD7000に105mmマクロと70-300mm/F4-5.6で出かけたのだけれど、この程度の機材で身体が痛いと言うことは、寝ている間にやっぱり筋力も相当に落ちてしまうと言うことなんだろうと思う。

だけれど、これからは気候も安定してくれるだろうという期待を持って、出来る限り身体の治療と撮影をしたいと思っている。

でも、ニコンのシステムは重い。

あぁ、せめてペンタックスのシステムならと思った訳ではないが、ペンタックスは一度手放してしまったし、一からそろえる気もないし、お金もない。

そんなわけで、某トンボ日記を見ながら自分なりに考えていた。

それで、こんなオリンパスを中心としたシステム。

DSC_5092S.jpg

とりあえず、E-P3とレンズ。

そこで、マクロ主体なオイラの中ではやっぱりパナソニックの45mmと20mmにクローズアップフィルタ(写真にはないけど)が、まず考えつく。
それと、200mm相当のマクロと考えて、マウントアダプタでタムロン90mmのFマウント。
アダプタを介せばよいのだ。

DSC_5095S.jpg

あとは、通常の撮影のために14-45mmの新旧モデルのどちらかと、40-150mm(これは4/3マウントにMMF2 アダプタ付き)で考えてる。
40-150mmのアダプタを介さないマイクロフォーサーズ用のレンズが欲しいところだが、致し方ないだろう。

DSC_5093S.jpg

そもそもが、E-PL1だとどうもしっくり来ないところがあったのだけれど、E-P3だと良い感じ。
それは、露出補正や絞り値の変更が楽になったと言うこと。
ワンクッション操作をしなくてもそのままでこれらを操作できると言うことは、どれだけストレスがたまらないかw

なのでこんなことを考えていた今宵なのであった。

#写真は毎度のこと「やっつけ」なので。




続きを読む
posted by なか at 23:52 | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。