2011年07月18日

塗り絵

DSC_3445S.jpg

 よく、ニコンのデジカメの描写を「塗り絵」の表現される事がある。
それでは本当に塗り絵なのかどうかと言うことを、実際にテストされた方が居て、そのページを見てみた。

武田晋一さんのブログで、2010年12月14日のエントリだ。
#了解を得ていないのであえてリンクはしません。
#「ニコン キヤノン 描写の違い」でググったらありますね。


 ブログを良く拝見すればわかるのだけれど、明らかに違う。
ま、見比べているんだから、そりゃそうだ。
どちらが良いのかと言う話を良くされるけれど、それって結局のところ「目的」だと思うのです。
ニコンは塗り絵で、キヤノンのが良いとかと良く見聞きするのだけれど、そういうことではなく、メーカーの描写の傾向なのだと判断すれば良いことが、ブログを見ていると良く理解出来る。

 さらに、RAWファイルをサードパーティの現像ソフトで処理すると、面白いことがわかってくる。

 これを見直して(実は以前から見ていたのだが)、SYLKYPIXを試している最中だ。
このソフトは、普通に現像処理を行ってもオートである程度満足いく結果が出てしまうので、ポートレートの処理に使ってみている。
#あ、結婚式の時の写真ですよ〜、普段人は撮らないからね〜

 花の写真はどうなんだろう?
はなまる先生が「初のキヤノンだよ〜」なんて話されていたが、7Dに100mmマクロは、ニコンのD7000+105mmVRマイクロよりも良い描写だと言うことだった。

レンズの違いは当然あると思うのだが、描写の違いも実のところ花の立体感と言うことではキヤノンのが適しているのかもしれない。
逆に花の輪郭など「線」で描写するところに重点を置くならば、ニコンのが適しているかもしれない。

大事な作品なので、出来る限りRAWでも撮っておいて、いろいろな現像ソフトを試してみると言うことも面白いと思う、アマチュアには。

しかしながら、「ブツ撮りにはキヤノン」と良く見聞きしたが、その理由も武田さんのブログを拝見する限りでは、JPEG撮って出し(まさかプロはしないと思うが)とか、DPPでの現像であればまさにキヤノンのが適しているのだと理解出来る。
じゃ、フォトショで処理したら?とかいろいろあるだろうが、そこまではわからないし、実のところあんまり興味がない。
オイラはどちらかというと構図に興味があるので、細かい描写とかは二の次だったりする。
#だって、そこが一番難しいんだもん。

じゃ、このブログの写真は?と言うと、基本的にほぼ全てがフォトショまたはフォトショエレメンツでJPEG撮って出しをリサイズしているだけなのだ(笑)

いずれにせよ、この辺のお話は「ソフトウェア」の部分の話なので、ハード面、特にレンズの大切さが一番に来ることは当然のことだろう。


続きを読む
posted by なか at 21:48 | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

古いレンズのテスト SIGMA300mm

DSC_0876S.jpg

NIKON D7000
SIGMA 300mm APO TELE MACRO 1:4
画角300mm 450mm相当(35mmフィルム換算)
絞り優先モード F5.6 1/200秒 +2EV補正 ISO400 WB:太陽光
仕上がり:風景
三脚使用

 花を撮影にと思ったのだが、撮影したいのだが気乗りしないと言うよくわからない状況なので、とりあえず近所の公園で撮影をしていたオイラなのです。

 メジロでもいないかね?なんて思って、300mmの古い物を持ち出してみたのだが、いない・・・
そんなわけで、とりあえず撮ってみたわけなのだけれど、とりあえず。

 どうせだから、ちょっと解像出来てるのかな?なんて思って撮っていたのが本音だったりする。

 そこで、古いレンズってどんなのなのよ〜と思う向きもあるだろうし、実際に「使える」「使えない」の判断材料にでもなればと思い、アップしてみることにしちゃったりなんかして〜
#だから、本気でレビューとかと思わないでね。

 レンズはSIGMA 300mm APO TELE MACRO 1:4
発売は1995年頃みたい。
で、レンズの構成とか調べてみたんだけど
レンズ構成:7群10枚
って事みたい。

 数年前までは話でも「写るよね〜」なんて事は聴いていたのだけれど、1600万画素のD7000でどれくらいと思う向きもあるだろうから、フォーカスを合わせた部分をクロップしてみた。

DSC_0876CLOP.jpg

 画像の情報は上記の通りで、カメラ撮って出しのJPEGです。
ちなみに等倍です。

個人的には使えると思うのだけれど、ダメな人はダメかもしれない。
あとはシャッタースピードが遅いので、参考にならないとは思うのだけれど、大丈夫でしょ?

 はっきり言っちゃえばね、最新のニコン純正とかはかなり写るし、描写命ならそっちを買うのが正解。
ただ、これを買ったのがフィルム時代のF100を使っていた頃だから2003年とかそのくらいだと思う。
その頃で、価格が21000円。(中古)
今、中古で出てきても、中野某店で18000円くらいだったと思う。
それと、このレンズはMACROとあるように1:3まで寄ることが可能。
なので、マクロやる人にとっては便利なことこの上ない。

個人的には最新の70-300mmクラスのズームとだったら、いいんじゃない?これも。
そう思うのですが。
開放も1段明るいわけですから、それでこの価格。文句は言えないかな?

このレンズは当時はかなり売れた物らしいので、中古をチェックしていれば結構出てくるかと思うのですが、なにぶん古いレンズだから、良い物に出会えるかは運でしょう。

ホントはクロップしたところをもっと大きくすれば良かったんだけれど、まぁこれで勘弁して。
posted by なか at 21:29 | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

いろいろな意味で…

DSC_1268_S.jpg

NIKON D7000
NIKON AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8G ED
画角105mm 157.5mm相当(35mmフィルム換算)
絞り優先モード F5.6 1/50秒 +1/3EV補正 ISO400 WB:太陽光
仕上がり:風景

いろいろな意味でまりました。
年末に手に入れたニコン105mmマイクロ。
重いからと敬遠していたのだけれど、ヌケが良いわ、このレンズ。
遠景も文句ないし、ホント、買わなくて申し訳ありませんでしたm(__)m
個人的にはタムロン90mmと比べるとこちらの描写のが好みかな。
いや、タムロン90mmが悪い訳じゃなくて、好みの問題。
元々、ニコンのマイクロレンズを使っていたので、そのあたりがやっぱりタムロンより安心できるってところなんでしょうね、慣れの問題で。
VRもここまで良いとは思わなかった。
マクロ域でどこまで???なんて思っていたけれど、申し訳ない。
問題ないじゃないか。

んで、もう一つ参った問題。
こちらは困った問題。
ニコンD7000、不良でした。
店で初期不良認定してくれず、○イデではやっぱりプリントだけにします。
んで、どういった問題かというと・・・

DSC_1268_CROP.jpg

画像の一部を切り出してみたんだけれど、こんな感じで水玉みたいなの?スライムみたいなの?
こんな感じなのが、ここだけじゃなくてかなりの数が出ている。
よくわからない感じのにじみで、少なくとも黒点じゃないから「ローパスフィルタにほこりが付いちゃった」レベルじゃないんだと思うんだけれど、画像をいろいろ見て確認したところほぼ全滅orz

ミラーアップしてセンサーを見てみたのだけれど、なんだか水滴みたいなのがたくさんセンサーについていた。
コイ○では、「ローパスの汚れ」と言っていたけれど、ホントにローパスフィルタだけで済んでいるのかわからないから、オイラはセンサーとあえて言ったのだけれど。
#ペンタックス K-5の問題があるだろうに・・・

それで結局先週「修理扱い」に。

で、なんでコ○デでもう買わないと思ったのかというと
「画像救える方法って聴いてもらって良いですか?」と尋ねたのだが
そんな大事なお写真あるんですか?
んで、オイラの中でぶち切れた次第。
こんな店員の店で買ってたまるかと。
プリントもあるから、おつきあいの意味でオイラはあえてコイ○で買ったんだけれど、だったら他のサポートも良い量販店で買うよね。
それか割り切って安い店で。
それが、チェーン店である○イデでこの対応とは・・・

ま、カメラが悪いんだけれど、店員さんも言葉には気をつけた方が良いと思った次第。
オイラも技術者で、営業から電話回ってきたりしていろいろ話す機会があるんだけれど、言葉だけはホント気をつけてます。
で、不良品が持ち込まれてきた際は、まずはじめにやることは「携帯のデジカメで不良箇所の撮影」。
これで、オイラはお客様とのトラブルは皆無なんだけれどねぇ〜

プリンタも買ったことだし、パレットにでも乗り換え検討中。
#プリント補正がどこまで出来るのか聴いてみないとわからないけれどね。
#それと、パレットだと駅から離れているからちょっと面倒。


続きを読む
posted by なか at 23:24 | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。